手元供養・永代供養は【山野石材株式会社】| お墓・仏壇・分骨など供養についてお悩みの方に
・宗教観のない「仏壇」 ・分骨についてのご提案 ・粉骨して小さく軽い「骨壺」へ

石屋がお伝えする現代の供養事情

お墓のこと

詳細へ

納骨堂のこと

詳細へ

樹木葬のこと

詳細へ

散骨のこと

詳細へ

石屋がお伝えする現代の供養事情

お墓

これまで供養といえば「お墓」を一番に思い浮かべてきたのではないでしょうか。 日本のお墓は「家」制度に基づき、一族が同じところに眠り、代々受け継がれてきたものです。 子ども(主に長男)が墓を継ぎ、次男は分家として新しくお墓を建立する...とても自然な気もします。

しかし、現在の日本では困ったことが起きています。 核家族化、少子化の流れです。 お墓を継ぐ人がいなくなってしまうという問題が起こってしまいました。 男女一人っ子同士が結婚した場合(現在では珍しい話ではありません)、両家にお墓が1つずつ、計2つのお墓を守っていかなくてはなりません。2つくらいなら、と思うかもしれません。さらに子供が一人っ子でまた一人っ子同士が結婚したら?なんと、2人で4 つのお墓の面倒をみなくてはならなくなります。 そう考えていくと、無理だというのは明らかです。 その場合の対処としては「両家墓」の建立も可能です。 お墓は昔から日本人が大切にしていた先祖供養の方法です。できることなら、墓前で手を合わせ、いつまでも ご先祖に感謝する気持ちを持ち続けていたいものですよね。

TOPへ戻る

納骨堂

納骨堂は全天候型のお墓、と言えそうなものです。 仕組みとしてはお墓のように1つの「家」に対して1つあるものですが、金額的にはお墓よりも安いことが多いです。納骨堂の使用料と管理料、お寺であれば護寺費などがかかることもありますが、天気にかかわらずお参りができることや屋外ではないので掃除の必要がないことなどで根強い人気があります。 コインロッカーのような形式のものや、上段が仏壇になっているものもあります。 屋内ですので線香や生ものをお供えできなかったりします。

1人用、夫婦用などの小さな納骨壇を永代供養したりと、様々なしくみのものがありますので、ご事情に合わせた納骨堂を選ぶことが大切です。ほとんどの納骨堂で継承者が必要というところは、お墓と同じですね。

TOPへ戻る

樹木葬

何かと最近話題の樹木葬です。 樹木葬はもともと自然葬の一つで、山林などに直接お骨を埋葬して自然に返すというものでした。これには荒れた山林を守るという意味もあり、東北のお寺が始まりだといわれています。 今では、直接お骨を埋葬する方法以外にも、ある樹木の周辺に墓標を置きお骨を埋葬するやり方も増えてきました。

お骨を埋葬するには法律で定められた「墓地」であることが必要です。樹木葬でも、お骨を埋めるのであればそこは墓地である必要があります。なので、自己所有地であっても勝手に山林に遺骨を埋葬してはいけません (平成16年10月22日 健衛発第1022001号)。 樹木葬は基本的に「永代供養」が多いです。 現在関東では公営霊園にも樹木葬があり、かなり人気の区画となっています。

公営の樹木葬
都立小平霊園 樹林墓地 横浜市営墓地メモリアルグリーン 愛知県長久手市 卯塚墓園(計画中)

その他の自治体でも、協議されたり提案されたりしているところはあるようです。 実際に開園されるかどうかはわかりませんが、背景の少子化や人口増加などの自治体ではお墓の後継者不足や新規墓地の不足が深刻な問題となっていることは事実のようですね。

TOPへ戻る

散骨

日本で「散骨」といえば、ほぼ「海洋散骨」のことを指しています。陸地に散骨することは法律上難しいのです。自分の土地であっても、散骨することで周囲とのトラブルになったり、農地が近ければ風評被害など、 様々な問題があります。また、厚労省からは墓地以外の散骨は規制するという見解が出ています(平成16年10月22日 健衛発第1022001号)。 陸地以外ですと、川、湖、池なども考えられますが、こちらも漁業権や水質に与える影響、近隣や下流域の住民の精神的苦痛なども考えられます。「海洋散骨」の「海洋」とは「外洋」のことも指しますが、外洋は領有権がなく、どこの国にも縛られない海域です。また、多くは湾内や日本近海で行われますが、岸から離れていること、近くに漁場や交通の要所がないこと、養殖場などがないことなどの条件があるようです。

散骨は合法であるという判断は今のところ出ていないということを忘れないようにする必要があります。(墓地埋葬に関する法律の)規制の対象ではない、想定していないといった理由で、違法とはされてない状態です。 散骨業者は、独自のルールやマナーに則って散骨を執り行っています。違法と指摘されないマナーとルールを作り、散骨を執り行っています。

TOPへ戻る