手元供養・永代供養は【山野石材株式会社】| お墓・仏壇・分骨など供養についてお悩みの方に
・宗教観のない「仏壇」 ・分骨についてのご提案 ・粉骨して小さく軽い「骨壺」へ

あなたはどんな思いを抱えていますか?

大切な方を失ってしまったり、いつか自分がいなくなることを考えたり、それぞれ抱える思いは異なります。
 しかし、その後どのような方法でご供養をしていくか、もしくはしてもらえばいいのか。供養の仕方にまつわるお悩みは、よく耳にしてまいりました。
 お墓は必要ないと思っている方、お墓はあっても管理が難しい方も年々増えています。また、お墓以外のご納骨方法、樹木葬や桜葬、永代供養墓なども増えてきております。
それだけで終わらせてしまうには忍びない、申し訳ない、寂しいと思われる方もたくさんいらっしゃるのです。仏壇はない(いらない)が、自分の身近で故人を偲ぶ方法はないかと「手元供養」を探す方も少しずつ増えてきています。
 ここでは、山野石材のご供養のカタチを様々なご事情に合わせてご提案させていただきます。
 ぜひ、ご自身のお悩みに近いところでご覧いただき、少しでもあなたの思いに応えるお手伝いが出来ましたら大変嬉しく思います。

Case1

お墓は建てない(建てられない)
Case1詳細へ

Case2

今までの概念にとらわれない供養を
Case2詳細へ

Case3

納骨先はあるけれど
Case3詳細へ

あなたはどんな思いを抱えていますか

Case1 お墓は建てない(建てられない)

 お墓や仏壇が高価なものであることはよく知られています。
 もちろん金額には幅がありますが、最近の統計によりますと、お墓と仏壇の合計金額の平均 はおよそ 200 万円(全国平均でお墓は約200万円、西日本では170万円程度)を超えるといわれる こともあります。その金額や物の価値はそれぞれですので、一概に申し上げることはできませ ん。しかし、供養の方法として、永代供養墓(合葬タイプ)や樹木葬と手元供養品との組み合わせであれば、金額は半分以下にすることもできます。

あなたの思い料金表

 手元供養と永代供養を一緒にご提案するには理由があります。
 一般的に、永代供養ではご遺骨は何年かの後、他の方のご遺骨と一緒に葬られることが一般的です。金額や仕組みによっては、初めから合葬することもあります。また、お墓を建立せずに永代供養を選ぶ場合、必ずしもご自宅から頻繁にお参りできる距離に供養先が見つかるとは限りません。そこで、手元供養との組み合わせによって、身近に思いを伝えたり手を合わせたりすることができるようになります。近くにいてくれている、大切にしていると思うことで、遺された寂しさや不安が軽くなることがあるのです。

Case選択へ戻る

Case2 今までの概念にとらわれない供養を

現代の家には仏間がないのも当たり前になってきています。また、お寺との縁も遠くなり、宗教についての考え方もそれぞれ異なります。「自分らしい」「その人らしい」「生活に見合った」供養を模索なさっているのではありませんか?山野石材では、仏壇を簡易にしたものではない、それぞれの個性を出すことのできる「手元供養」をご提案します。

あなたの思い石には魂が宿る、と言われることもあります。人は石をはじめ自然物に願いをかけたり祈ったりすることを古来 より続けてきました。石は重いものですが、小さな塊の集合体にすることで、ご自身で手にとって積み上げることができるようにしました。石を積み、季節や気分で飾りを変え、あなた自身や故人に合った供養の方法を実現してください。小さな石を一つずつ手で重ね、積んでいくことで、あなたの思いを「紡」いでいただければ幸いです。

あなたの思い手で触れた時の温かみを感じる無垢材。素朴な無垢でできたシンプルな家具は、どんな部屋にも似合うものです。 どなたの暮らしにも合うような、自然と手に取りたくなるような、そんな供養があってほしい。宗教色を出さないように、シンプルな仕上がりになりました。あなたの「想」いが、年月と共に木に染み込んでいくように、色艶も変化していくのです。いつまでも近くにあって、あなたの心を優しく見守ってくれることでしょう。

手元供養

紡 tsumugi 50,000 円(税抜)

想 omoi  120,000 円(税抜)

 石を並べたり、木の製品をただ置くだけでなく、お好みのもの(故人のご愛用品や記念の品など)を添えることにより、世界で唯一のあなただけの思いを込めたものにすることができます。

 直接触れることで、あなたの思いを大切な人に伝えたり、語り掛けたり、悼んだりしながら、あなたの心も少しずつ穏やかになってほしい。そんな願いを込めて、この製品を考えました。お墓や仏壇では叶わなかった方法です。
 毎日身近に触れることができる、ということがこれまでの供養の方法とは大きく違うところです。

Case選択へ戻る

Case3 納骨先はあるけれど

お墓参りに行けなくなった、継承者がいなくて心配だという声もよく耳にするようになりました。お墓があるけれど遠い、離れてしまっては寂しいと思う方には「分骨」という手段もあります。ご遺骨の一部を手元に置いて偲ぶ、という選択をなさっている方は意外と多いのです。 ご両親のご遺骨を分骨している方がいらっしゃいました。その方はとにかく近くに置いておきたかったので、身近にあった空き瓶に入れているそうです。それから、何度かお引越しをなさったそうですが、その度にこのご遺骨をどこにしまおうかとお悩みになるそうです。大切なものなのに、大切に飾ることが難しく、箱の中に入れたまま次の引っ越しを迎えてしまう。そんなお悩みに少しでもお応えしたいと思いました。  少量のご遺骨でしたら、「想」の木箱に納めることができます。お引越しの荷物に紛れてしまうこともありませんし、すぐに飾ったりしまったりすることが可能です。

手元供養

想 120,000 円(税抜)

ご遺骨が多い場合は「浄粒」とのセットを推奨いたします。

想 + 浄粒 166,000 円(税抜)

お墓をお持ちの方は、遠いお墓や跡継ぎのいないお墓をどうするかも考えなくてはなりません。そのままにしておくと、ご先祖にも申し訳がなく、また、お墓の老朽化で他人にけがをさせてしまう可能性もあります。そういったことになる前に、お墓を解体して整理する「お墓じまい」をご検討ください。ご遺骨をどこに納めるかということも併せて「お墓じまい」です。新しく近くにお墓を建てたり、永代供養墓に納骨したりする方が多いですが、その時ご両親や身近な方のご遺骨の一部を分骨して手元に残す方もいらっしゃいます。永代供養墓ではいずれご遺骨は他人と一緒にされてしまい、手元には何も残らないという寂しさを感じることもあるとある方がおっしゃっていました。

ご遺骨を一部、もしくは全て、ご自宅に安置している方も多いかと思います。骨壺のままでは重くかさばり、大切にしたいのに安置する場所にも困っているという方も珍しくありません。「浄粒」では、ご遺骨をアクリルのケースに納め、クリスタルガラスに一部を封入することで、かさばらず祀りやすくすることを目指しました。また、お部屋に溶け込むインテリアのような「想」、手のひらに乗せられる小さなお墓のような「紡」を「浄粒」と組み合わせていただくことで、お手元での供養もコンパクトにすることができます。

粉骨サービス(全て税抜金額)

浄粒 60,000 円(税抜)

浄粒 + 想 166,000 円(税抜)

浄粒 + 紡 95,000 円(税抜)

Case選択へ戻る