見湖山 徳門寺

臨済宗

  • 納骨堂
  • 永代供養

見湖山 徳門寺 とくもんじ

徳門寺に、お一仏様25万円の 永代供養塔納骨堂が完成しました!

臨済宗の祖・栄西禅師が開かれた由緒ある禅寺「徳門寺」に永代供養の納骨堂が完成しました(⌒∇⌒)
宗旨宗派不問、檀家にならなくてもご加入いただけます。
ぜひお気軽にお問合せ・ご見学ください!

■徳門寺 永代供養塔の魅力■
●1仏様25万円
(何仏様のご納骨であっても上限100万円。ご遺骨が多い「お墓じまい」などの際も安心です。)
●ご夫婦で安心して眠れる「夫婦プラン」もあります。(※詳しくはお寺にお尋ねください)
●永代供養付き。納骨堂の後継者がいなくてもお寺がずっと供養・管理をしてくれます。
●お寺の永代供養だから、しっかりと丁寧にご供養していただけます。
●オプションで銘板に戒名などを彫刻することができます。
●四季折々の自然に包まれた徳門寺の境内。永代供養塔の周りは春になると満開の桜に包まれます。
●ご供養のことでご不安やお悩みがある方もお気軽にご相談ください。
ご住職がどんなことでも丁寧に相談にのってくださいます。

ぜひお気軽にご相談ください!

臨済宗の始祖である栄西禅師が、宋からの帰国後に糸島に建てられたお寺の一つ。
境内には庭石が竜の形をした枯山水の庭が広がり、雲を思わせる白い敷石から顔を出す石竜の姿は、美しさの中にも風格があり実に圧巻です!

寺院紹介

臨済宗の始祖である栄西禅師は、宋からの帰国後、博多に聖福寺を開きましたが、より多くの人々にその教えを広めるために糸島方面にもお寺が建てられました。
その一つが徳門寺であると言われています。

栄西禅師が著された興禅護国論(こうぜんごこくろん)にも、建久2(1191)年、二度目の渡宋を終えて帰国した禅師が構えた寺の一つとして「徳門寺」の名が記されています。

しかし「徳門寺」という寺院名がついたのは実は寛文5(1665)年で、それ以前は竜雲庵という寺号だったとか――。

徳門寺には庭石が竜の形をした枯山水の庭があり、「竜雲庵」の面影を今に伝えてくれます。

雲を思わせる白い敷石から顔を出す石竜の姿は、美しさの中にも風格があり実に圧巻!
遠方からこの石庭を見に訪問される方も多いそうですよ♪

そんな由緒あるお寺ですが、天野徳道(あまのとくどう)住職は地域活動にも積極的な、とても親しみやすい方♪
PTAや子供会の役員も積極的に引き受けられ、子ども達の健全育成にも力を注がれています。

「お寺を敷居の高い場所にしたくないんです。
子ども達が気軽にお寺に来るような環境を創っていきたい。
以前はお寺でキャンプや子供会の坐禅会も行っていました。
現在も“洗心会”という坐禅会を毎月行っており、檀家の方以外も来ていただいていますよ」とご住職。

糸島の自然と一体となって行う坐禅は、洗心会の名の通り「心の疲れやストレスを洗い流す時間」になっているそうです。

時間に追われる現代社会の中で、時間では計り知れない大切なものを探しに、徳門寺へ出かけてみてはいかがでしょうか?

 

徳門寺 日曜坐禅会「洗心会」

●毎月第3日曜日 AM8時~9時
●会員制(会費無料)/小学一年生から
※椅子による坐禅も可能

見学レポート

宮浦漁港から福岡市海釣り公園を抜けた県道54号線沿いにゆったりと伽藍を構える徳門寺。

入口に入るとマキの木アーチが、そして聖福寺・仙厓和尚の書を刻んだ扁額を掲げた山門が出迎えてくれます。

山門をくぐると…真っ白な敷石と植栽の緑が鮮やかなコントラストを描く石庭が!
雲のような敷石から竜頭を思わせる石が顔を出し、庭全体がまるで一枚の絵のようです!!

本堂は平成17年の西方沖地震で被害を受けたため、平成24年に新築。ヒノキをはじめとする木材で組み上げられており、優しい木の香りが心を和ませてくれます。

残念ながら取材当日は拝見できませんでしたが、寺宝の「栄西禅師頂相(えいさいぜんじちんそう)」は、毎年10月に執り行われる開山忌に本堂の内陣に掛けられるそうです!

由緒あるお寺ですが、天野住職はそうした「器」よりも「人とのつながり」を大切にされる方。
そこで人間関係のあり方についてアドバイスを伺うと――

「現代では人と人との関わりが薄れていますが、人は点で存在するのではなく、すべてが線でつながっています。
その中で家族の絆を深めることが最も大切であり、その基本がご先祖様。そしてその原点がお寺なのです。
だから自分が生かされていることに感謝の気持ちを持ってご先祖様にお参りし、心を洗っていただきたい。
坐禅はもちろん、心が疲れた時は手を合わせるだけでもやすらかな気持ちになりますよ」
と天野住職。

「徳門寺に来ると心がやすらぐ」という檀家さんも多く、休日はドライブを楽しみながら家族連れでお参りに来る方も少なくないそうですよ~♪

納骨堂も現在加入受付中です。詳しくは徳門寺にお問合せくださいね!

由緒あるお寺で安らかに眠る徳門寺の納骨堂。ただいま加入受付中!

春には清楚な紫の藤の花が出迎えてくれる徳門寺の納骨堂は丁寧なご供養はもちろん、お求めやすい価格設定も魅力。

糸島の豊かな自然に抱かれた、終の棲家に――納骨堂をお探しの方はぜひご検討なさってはいかがでしょうか?

残数わずかです。お早めに徳門寺へお問合せくださいね!

●納骨堂一基/30万円~(※入壇の必要があります)

四季折々の花々や自然の風情が楽しめる庭園。

糸島というと「海」のイメージですが、徳門寺はすぐ裏が山になっており、まさに「海」と「山」の懐にあるお寺。
庭には桜や椿、つつじなど四季の花々が咲き誇り、鐘楼やお堂などを美しく彩っています。

本堂の裏にも多彩な植栽が施され、庫裏の裏にはモミと楠の大木が!
悠々と枝葉を拡げたその様はお寺の歴史を見守っているかのようです。

本堂には広々とした縁側があり、そこから眺める石庭の眺望はなんとも風趣豊か。

ここで座禅を組んでゆったりとした時間を過ごすのも素敵ですね。

アクセス

交通アクセス: 福岡前原道路 「今宿」出口 車で約22分